導入サポート

人材派遣会社でのマニュアル拡大・定着サポート(株式会社小田急プラネット様)

Posted on


小田急百貨店のグループ会社であり、人材派遣・職業紹介・アウトソーシング事業を運営する株式会社小田急プラネットにて、Teachme Biz拡大・定着サポートを実施しました。

同社は、1年半前からTeachme Bizをフルに活用し、マニュアルの必要性・重要性が高い業務領域から優先的にTeachme Bizでのマニュアル作成・運用を進めてきました。

今回、その取組を全社的に一気に展開・定着を加速させるために「業務の洗い出し」や「Teachme Biz操作の習得」を集中的に行うこととし、1日間の短期集中プログラムで実施しました。

業務の洗い出し

まずマニュアルに関するミニセミナーを実施しました。「マニュアル」という単語はいろいろなイメージを持たれているので、マニュアルのメリット・デメリットの整理などをし、今後のマニュアル作成に向けた「温度差」を解消します。

次に、総務、人財、営業の3つのグループに分かれて、普段行っている「業務の棚卸し」を行いました。当たり前のように行っている業務でも、見えるようにし整理することで業務の全体像が明らかになりました。「身近な人が担当する業務でも、意外と細かい部分までは把握できていない。見える化できて、あらためて気づくことも多かった」などの声がありました。
op1
op2
op3
さらに、抽出された業務項目を下記のようにA/B/Cの三種類に分類しました。
op4

【A:感覚型業務】(長年の経験や知見から、感覚的に対応する業務):9%
【B:選択型業務】(いくつかの選択肢から、適切な対応をする業務):17%
【C:単純的業務】(誰がやっても結果は同じ、単純な業務):74%

Aの部分は、いわゆる「本来業務」であり、付加価値を左右する重要な領域。マニュアル化ではなく、場数を踏み経験を重ねることで磨いていくことが理想です。

一方のBやCは、パターンや手順を定めることが容易な領域。「あたりまえ業務」とも言うべき部分で、できて当然・できないと問題が起きてしまいます。この領域を、新しいスタッフでも迷ったり悩んだりしないように、マニュアル化を推進していくこととしました。

Teachme Biz操作レクチャーと作成支援

次にTeachme Bizの操作方法と活用方法のレクチャーを行い、マニュアルを作成していきました。
op5
op6
従来からTeachme Bizをご利用だった方もそうでない方も「楽しみながらマニュアル作成ができる!」と和気あいあいと実践することができました。

最後に導入サポートの振り返りとして気付きの共有と、今後の体制や作成担当者の割り振り、スケジュールなど運用定着に向けての具体的なディスカッションしました。
op8
op9
株式会社小田急プラネットの皆様、ありがとうございました!

CORPORATE PROFILE 
会社名 株式会社小田急プラネット
URL http://www.odakyu-planet.co.jp/
所在地 東京都新宿区西新宿1丁目1番3号
事業内容 一般労働者派遣事業、有料職業紹介事業、アウトソーシング事業