導入サポート

飲食店でのマニュアル導入サポート(株式会社夢笛様)

Posted on


海鮮居酒屋魚々家むてき、鶏焼・焼豚フジヤマドラゴンなど、多業態の飲食店を運営する株式会社夢笛(むてき)様にて、Teachme Biz導入サポートを実施しました。
mu0
mu1
mu2
導入サポートとは、「マニュアルを整えたいがどこから手をつけてよいかわからない」「マニュアル作成を一気に進めたい」といった場合に、業務の洗い出しからTeachme Bizの操作方法レクチャー、マニュアルの作成支援までを短期間で集中的に行うプログラムです。

今回は2日間で実施しました。

第1日:業務の洗い出し

まずマニュアルに関するミニセミナーを実施しました。

「マニュアル」という単語はいろいろなイメージを持たれています。マニュアルのメリット・デメリットの整理などをし、今後のマニュアル作成に向けた「温度差」を解消します。
mu03
mu04
次に、本部や各業態の幹部の方々にお集まりいただき「業務の洗い出し」を行いました。
mu05
mu06
mu07
普段から行なっている業務を模造紙に抽出することで、あらためて業務の全体像を「見える化」することができました。さらに、下記のようにA/B/Cの三種類に分類しました。
mu08
【A:感覚型業務】(長年の経験や知見から、感覚的に対応する業務):9%
【B:選択型業務】(いくつかの選択肢から、適切な対応をする業務):8%
【C:作業的業務】(誰がやっても結果は同じ、単純な業務):83%

Aの部分は、いわゆる「本来業務」であり、付加価値を左右する重要な領域。マニュアル化ではなく、場数を踏み経験を重ねることで磨いていくことが理想です。

一方のBやCは、パターンや手順を定めることが容易な領域。新しいスタッフでも迷ったり悩んだりしないように、マニュアル化を推進していくこととしました。

また、初日のふりかえりでは、業務の棚卸しを通じて得られた「気づき」を共有しました。

mu09

第2日:Teachme Biz操作レクチャーと作成支援

次に、Teachme Bizの操作レクチャーを行いながら、実際のマニュアル作成を行なっていきました。あらかじめ準備いただいていた画像を活用し、マニュアルを作り上げていきました。
mu10
mu12
mu13

各自が作成したマニュアルを全員で確認し、さらにわかりやすく書くための工夫点などが話し合われました。特に、以下のような内容については、誰が見ても迷わず間違えないマニュアルにするために必要であることを確認しました。

・数字:分量や回数、温度
・場所:保管場所、作業場所
・状態:開始状態、中間状態、完了状態

また、今後のマニュアル作成や運用についての方針を議論しました。今回の研修には幹部の方々が参加しましたが、今後のマニュアル作成は「各店舗の若手スタッフやアルバイトの方々が中心となり、作業を行いながらマニュアルを作り、不明確なことをなくしていく。(幹部の方は方針ぎめと内容確認を行う。)」というような教育と業務改善を両立させるような方法が検討されました。
mu14
多様な業態を展開する夢笛様では、今後各業態のマニュアルが作られていくことと思います。また、国内外の新店立ちあげの機会も増えてくるとのこと。手軽に簡単にわかりやすく伝達するためにTeachme Bizを活用していただければ幸いです。
mu16
mu15

株式会社夢笛の皆さん、ありがとうございました!

CORPORATE PROFILE
会社名 株式会社夢笛
URL http://www.muteki.jp/
所在地 広島県福山市霞町1-4-23
事業内容 飲食店経営