導入サポート

美容室でのマニュアル導入サポート(株式会社MASHU様)

Posted on


大阪で美容室10店舗を運営する株式会社MASHU様にて、Teachme Biz導入サポートを実施しました。

導入サポートとは、「マニュアルを整えたいがどこから手をつけてよいかわからない」「マニュアル作成を一気に進めたい」といった場合に、業務の洗い出しからTeachme Bizの操作方法レクチャー、マニュアルの作成支援までを短期間で集中的に行うプログラムです。今回は2日間で実施しました。
ma-0
ma-0-1

第1日:業務の洗い出し

まずマニュアルに関するミニセミナーを実施しました。「マニュアル」という単語はいろいろなイメージを持たれています。マニュアルのメリット・デメリットの整理などをし、今後のマニュアル作成に向けた「温度差」を解消します。

次に本部や店長の皆様により、「業務の洗い出し」を行いました。
ma1
ma2
ma3
普段から行なっている業務を模造紙に書き出すことで、業務の全体像を「見える化」することができました。さらに、下記のようにA/B/Cの三種類に分類しました。
ma4

<本部業務>
【A:感覚型業務】(長年の経験や知見から、感覚的に対応する業務):45%
【B:選択型業務】(いくつかの選択肢から、適切な対応をする業務):34%
【C:単純的業務】(誰がやっても結果は同じ、単純な業務):21%

<店舗業務>
【A:感覚型業務】(長年の経験や知見から、感覚的に対応する業務):29%
【B:選択型業務】(いくつかの選択肢から、適切な対応をする業務):17%
【C:単純的業務】(誰がやっても結果は同じ、単純な業務):54%

本部業務は、会社全体の方針決定やしくみづくりなど判断や意思決定が求められる業務が多いためAの割合が45%を占めました。対して店舗業務では、カットやカラーなど技術的業務がAに分類されるものの、清掃や片付けなどオペレーション業務には単純な業務も多いためBやCが全体の70%を占める結果となりました。

Aの部分は、いわゆる「本来業務」であり、付加価値を左右する重要な領域。マニュアル化ではなく、場数を踏み経験を重ねることで磨いていくことが理想です。一方のBやCは、パターンや手順を定めることが容易な領域。新しいスタッフでも迷ったり悩んだりしないように、マニュアル化を推進していくこととしました。

<感想の声>
・「自分たちの業務が、こんなにたくさんの種類から成り立っていることをあらためて実感した。」
・「後輩スタッフに、BやCを毎回毎回指導している。マニュアルでわかりやすく確実に伝えられるようになれば、皆がAに専念できるようになる。」
・「マニュアルを介した新しいコミュニケーションの形を作っていきたい。」

店長は「技術力・サービスの向上」と「後輩の指導・育成」の両立が求められる非常に難しい立場です。マニュアルをきっちりと体系化して指導・育成を正確・効率的に行えば、個人としても店舗全体としてもサービスの向上に専念できる、そんな手応えを感じることのできるワークショップとなりました。

第2日:Teachme Biz操作レクチャーと作成支援

次にTeachme Bizの操作方法と活用方法のレクチャーを行い、マニュアルを作成していきました。
ma5
ma6
ma7

普段からスマホをよく使っている方が多いため、操作方法はすぐに習得できました。

その後、わかりやすいマニュアルを作るための工夫や、作成体制、作成スケジュールについてディスカッションしました。ちょうど新人スタッフが約30人ほど入社されるタイミングとのことで、教える/教わる機会にTeachme Bizを活用して少しずつマニュアル化を進めていく、といったアイデアもでました。

最後のふりかえりでは、マニュアル活用による効率化・標準化はゴールではなく、そこから生まれた時間を「付加価値をさらに高めるために使っていく」ことが重要であり、各店舗に「落としこむ」ことの大切さを共通認識とすることができました。
ma8

高度な技術と、複雑なオペレーションから成り立っている美容業の現場。事業を拡大する上で、スタッフ教育の悩みはつきものですが、その負担を減らすためにTeachme Bizをフルに活用いただけると嬉しいです!
ma9-0
ma9
株式会社MASHUの皆様、ありがとうございました!

CORPORATE PROFILE 
会社名 株式会社MASHU(マッシュ)
URL http://mashu.jp/
所在地 東大阪市小阪本町1-12-5
事業内容 美容室運営