考え方

マニュアルの効果が大きい会社の「3つの特徴」

Posted on


マニュアル化は、4つのメリット(スピード・品質・リスク・コスト)をもたらします。(詳細記事)今回は、これらのメリットを享受しやすい業種・業態の「3つの特徴」について、詳しくみていきましょう。

特徴1:業務の種類が多い

同じ作業をひたすら繰り返すような仕事であれば「慣れ」で習得できるかもしれません。しかし、業務が多岐にわたる場合、ひとつひとつを正確に覚えることは困難。マニュアルがあれば、細かいルールも正しく共有できます。

特徴2:拠点が離れている

すぐに声をかけあえる環境であれば、気軽に質問してその場で解決できます。しかし、多拠点展開のフランチャイズやフィールド業務などではそうも行きません。電話だけでは伝わらないですし、スーパーバイザーのような”見回り”の役目を置くのも大変。クラウドでマニュアルを共有していれば、いつでも、どこでもマニュアルを参照できます。

特徴3:人の入れ替わりが激しい

アルバイトやインターンなどの短期スタッフは貴重な戦力です。しかし、受け入れる側は毎回毎回同じことを繰り返し教えなくてはいけません。手書きのメモだけでは正確に伝わりきらず、ミスも起きてしまいます。マニュアルがあれば、正しいルールを瞬時に共有し、初期教育の負担を減らすことができます。

今回は「マニュアル化の効果を享受しやすい企業」として3つの特徴を整理しました。裏を返せば「マニュアル活用しないと、非効率になってしまう企業」とも言えます。3つの特徴のうち、ひとつでも当てはまるものがあれば、マニュアル活用を検討してみてはいかがでしょうか。